時雨殿に行ってきました

関西に出てきてから約10年。京都に出てから6年くらい。
京都に来てからは特に観光らしい観光もしていません。
なので…京都にいる間に行けるところは行っとこ。
と、思い立ちまして…以前から気になってた嵐山の時雨殿に行ってきました。


「小倉百人一首殿堂 時雨殿」は
オープン当初、ニンテンドーDSを使って遊びながら学べる展示
というのが話題になっていたと思いますが、
今年3月のリニューアルからはそれを一新。
歌仙の人形や歌の場面のジオラマが主な展示。
百人一首のはじまりから広がり等について軽く展示されています。
平安装束体験、歌碑巡りといった体験系の展示(?)もあります。

「百人一首の多様な世界を体感できる」というのは
ちょっと違うと思いますが、
リニューアルしたてっていうのもあってキレイな博物館でした。


歌仙の人形↓
ちいさいサイズで100体。

坊主めくりのアイドル・蝉丸
琵琶の名手ということで琵琶持ってます。
「これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも あふ坂の関」

恋多き女・和泉式部
「あらざらむ この世のほかの 思ひ出に 今ひとたびの 逢うこともがな」

なんか悩んでる参議篁(小野篁)
遣唐使嫌やなー仮病使おうかなーみたいに見えてしまいました。
「わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと 人には告げよ 海人の釣舟」
投稿日時: 2012/06/02 21:40:41
カテゴリ: おでかけのこと   コメント( 0 ) 

彼岸の中日

今更ながら、本日彼岸の中日ということに気付きました。


むかーし、富山県立山町で「布橋灌頂会」が行われていた日です。
布橋灌頂会は立山の山岳信仰と密教、浄土信仰があいまった女人救済の儀式でした。
超ざっくり簡単に言えば、いっぺんあの世にいって、
まっさらになって帰ってくる儀式です(擬死再生といいます)。
今は毎年ではないですが、復元したイベントが行われています。


私が卒論の為に参加したのは復元イベント第1回目で、
初めての白装束や聲明なんかの独特な雰囲気が印象的でした。
あと、参加者の中で最年少だったわたくし、
取材依頼とかがけっこうしつこく来てちょっと不思議な気分でした。断りましたが。
私の民俗学への興味は立山から始まったようなもんですし、
「仮想あの世」へ行ってくるっていうのは、今でも興味があります。
機会があるならもう1回参加したいところです。


今年は明日行われるそうです。


■北日本新聞(参加者募集記事)
http://webun.jp/news/A100/knpnews/20110727/42654

投稿日時: 2011/09/23 20:59:46
カテゴリ: 日々のこと   コメント( 0 ) 

電子書籍

遅ればせながら初めて電子書籍を購入しました。
活字は紙じゃないと…というのが個人的な意見です。
ページめくる楽しみとか、紙の質感とかそういうのも大事だと思ってるし、
読み進める中で、あとこれだけページがある。とか、あとこれだけしかない。とか。
本棚に好きな本をずらーっと並べるのとかたまらなく好きです。
なので、電子書籍だとそれがないのがちょっと…と思ってます。
形があるけど、無いというか、実際に手にとって触ることの出来ない本というのにはいまだに違和感が。

ただ、待っても紙になることは無いと言われれば…買わねばならんでしょう。
無料のは見たことがありましたが、買ったことはなかったので、経験しとこうということで、購入。

購入したのは⇒文芸あねもね
東北地方太平洋沖地震チャリティ本で、全額寄付されるようです。
が、宮木あや子さえ読めればいいという感覚で買ってます。

PCだとpdfかサイトでの閲覧。iPhoneだとiBooksで閲覧。
使いやすい、読みやすい…ということは、やっぱり残念ながら感じなかったですね。
iPhoneだとちょっと文字が小さすぎて;iPadくらいのサイズがベストなのかもしれません。
あと、これはたまたま買った本がそうだったのかもしれませんが、
ページめくりが左から右…というのか。逆なんですよね。
これにすごく読みにくさを感じてしまいました。

紙にするより敷居が低いのはわかりますが、普及の具合は怪しいような気がします。
(買ったのはチャリティ本だったので、コスト面で電子書籍になったようです)
バックナンバーを溜め込む場合等、“常に読むわけではない”ものとか、
bookshelみたいにカタログ⇒ECとか、ちょっとだけサイトで試し読みできるとか。
そういう使い方が結局のところベスト?と私は感じてしまいます。
活字は紙だ!と思っている私の、偏った意見であります。

「文芸あねもね」自体は期待以上に面白かったです。お得です。


電子書籍が紙に負ける5つのポイント
投稿日時: 2011/07/16 09:16:29
カテゴリ: webのこと   コメント( 0 ) 

tumblrに登録してみたら褒められた。

なんか褒められました。



登録してみた。
というだけなので、まだ全然中身も見てません。
投稿日時: 2011/07/01 09:38:13
カテゴリ: 日々のこと   コメント( 0 ) 

地デジでびゅー

昨日、やっと地デジでびゅーを果たしました。
だらだらと先延ばしにしてたのは、なんとなく面倒だったからです。
如何せん機械音痴なので、見れたらいいじゃないの。というかんじでいたのですが、
さすがに見れなくなったら困るので、近場の電気屋さんで購入。

これがBefore。
ある意味、レアかも。テレビデオ。
一人暮らしを始める時、譲ってもらったものだったかな?
性能の問題なのか、長年使ったせいなのか、
どうも画面が暗くて困りモノでした。
ホラー映画とかを見ると何やってるんだかわからない…という状態。

こっちがAfter。
見れたらいいです。と、電気屋さんで恥ずかしげも無く言いました。
機械音痴なんです。特別な機能ついてたって使わないので。
とりあえず、映って、録画できたらOKなのではないか…と思います。

これで、突然砂嵐を流して「アナタのテレビこうなりますよ!」っていう地デジカのいけずともさよならです。

投稿日時: 2011/06/13 23:49:55
カテゴリ: 日々のこと   コメント( 0 ) 

ひとまず。

テンプレートをざっくりいじりました。
残念なくらい我が家のDreamweaverが言うこと聞いてくれなくて悲しくなりました。
CS4とはいえ、環境がよろしくないので、こればっかりは…。
borderがやたら多いのはきっと仕様です。好みです。

話は変わりますが、
奈良の橿考研付属博物館で、縄文時代晩期のノコギリクワガタが展示されてるそうです。
泥で真空パック状態だったからキレイな形で残ったんだとか。ちょっと気になるところ。
わたくし、奈良で学生してたくせに。
しかも、考古学専攻してたくせに(途中民俗学に転向しましたが)。
橿考研に行ったことがないという、なんとも不真面目な学生でした。
最近、博物館通いしてないので、行ってみようかしらと計画中です。
投稿日時: 2011/05/28 18:55:58
カテゴリ: 日々のこと   コメント( 1 ) 

とりあえず。

はじめの一歩です。


インターンでラリアートに来てた時に作ったテンプレートを使おうかと思ってましたが。
もう4年くらい前のことなんで、おそろしく古いデザインでした;
いくらデザインする脳みそを持ち合わせていないとはいえ、
あの時はそれなりに普通のデザインだったと思うんですけど…。
いずれ、少しずつでもテンプレート改変していけたらと思ってます。

投稿日時: 2011/05/12 21:17:00
カテゴリ: 日々のこと   コメント( 0 )