第3ラウンド 筑波戦

筑波サーキット、決勝のレースレポートがアップされました。
http://tohoracing.jp/race/report.html
是非、御覧下さい。
投稿日時:2012/05/17 19:46:45
カテゴリ:    

TOHO Racing 走行会 in TS-TAKATA

5月27日の走行会、5月15日に申し込みを〆切らせて頂きましたが、まだ少し余裕がありますので、今からでも、そして、当日受付も可能とさせて頂きますので、是非、御参加下さい。宜しく御願いします。
投稿日時:2012/05/16 20:05:10
カテゴリ:    

全日本ロードレース 第3戦筑波 公式予選

朝から快晴となった筑波サーキット。公式予選は、60分1セッションで争われた。山口は、セッション開始直後にベストタイムとなる56秒364をマーク。その後は、決勝を見据えスリッパークラッチ、インジェクションなどのセッティングを細かくセットアップ。足回りのセッティングが決まっているだけに、タイトな筑波のコースをアグレッシブに攻めていく。




その後、山口はタイムの更新はなかったものの3番手をキープ。セッション終了間際に、他車が転倒、マシンがコース上に残ってしまったため赤旗が提示される。そのまま予選終了となり、山口は3番手グリッドを確保。フロントロウからスタートすることになった。




「いいタイヤを選べたし、タイヤに合わせたセットアップができています。サスペンションのセッティングは完璧に決まっているのでレースはスタートを決めて行けるところまで行くだけです」




ようやくハードもそろい、チーム一丸となって迎える3戦目のレース。表彰台はもちろん、優勝をも視野に入れスターティンググリッドに着く。

投稿日時:2012/05/12 21:04:44
カテゴリ:    

全日本ロードレース 第3戦筑波 ART走行

シリーズ第3戦の舞台は、全日本ロードレースが開催されているサーキットの中で最もタイトな筑波サーキット。1周のラップタイムは1分を切り、ライダーに休む間も与えないタフなコースだ。




5月11日(金)は、A.R.T 合同走行ががあり、山口が参戦しているJSB1000クラスは、40分のセッションが2本行われた。




事前テストで、ほぼ足回りのセッティングが出ており、その延長線上のセットアップを進めていった。1本目は、ユーズドタイヤながら56秒991をマーク。新品タイヤを入れれば、55秒台も見えてきたと山口は語っていたが、午後のセッションで新品タイヤを履くことにした。




Honda CBR1000RRのキット車のポテンシャルを最大限に出すため、バックトルクリミッター、インジェクションのセットアップを進めたが、午後のセッションが始まるころに雨がパラパラと落ちてくる。少し様子を見ながら、周りのライダーが出ていくと山口もスタンバイし、コースに出て行く。山口は、午後の方がフィーリングがよくなかったとコメントしたが、タイムは56秒701まで縮め、総合4番手で初日を終えた。

投稿日時:2012/05/11 20:08:45
カテゴリ: