TOTAL: 731件 [ 2/74 ]
<< 前へ 12345678910 次へ >>

VFR800X スリップオンマフラー

全日本オートポリスラウンドもすっきりしないトラブルは出てしまいましたが、無事鈴鹿に帰還。


今回も多くに人に手伝って頂いたり、差し入れを頂いたり、声を掛けて頂いたり。


本当にありがとうございました。







レース翌日、月曜日。 フェリーから明石海峡大橋を望む。





チームTSRはフェリー~西名阪経由にて鈴鹿に向かっている最中 。


熊本では阿蘇山噴火の速報。こんな偶然もあるのですね。


被災に際し、心よりお見舞いを申し上げます。



さてさて




VFR800X スリップオンサイレンサーですが、


ようやく販売する目途が立ちましたので、製品を写真撮影中。





何時もの様に青空スタジオにて。





ソリッドタイプのチタン。


サイレンサーエンドはステンレスではなくチタンを使用しています。


税抜き ¥65,000




サイレンサーボディと、サイレンサーエンドに焼色加工を施したファイヤーポリッシュ。


税抜き ¥72,000





同梱のサイレンサーの取付け角度を変化させるステーを併用して頂ければ


純正オプションのサイドパニアケースにも対応します。


近日発売予定です。


よしなに~。

シェア

投稿日時: 2015/09/19 10:42:10 投稿者:【 TSR8耐blog 2 】
カテゴリ: 徒然なるままに。  

SC59 CBR1000RR エンジンハンガークレーン

こんばんは。


マニアックな物のご紹介。

SC59CBR1000RR レース用のエンジン積み下ろし用のハンガークレーン。  




ほぼ100%レース部が使用する特殊工具になります。


CBR1000RR専用で設計しています。




どうやって使うかと言いますと・・・





フレーム側に櫓を立てて。




エンジンに、アイボルトが付いたプレートを装着します。

分かりにくいですが、インシュレーターマウント部に装着しています。




後はこんな感じで、ウインチでガチャガチャすれば、重たいエンジンを吊り上げたり下げたり出来ます。


JSBクラスと言えどかなりの頻度でエンジンを脱着します。


イケルッ!と思っていてももう若くはありません。ええ歳です。


繰り返すと腰にくるので。


また搭載時にも使用できるので 「ボルトッ!」と叫ばずともゆっくり作業ができます。


マニアックネタでした!


ではまた~
シェア

投稿日時: 2015/09/08 21:25:54 投稿者:【 TSR8耐blog 2 】
カテゴリ: 徒然なるままに。  

TSR ステンレスパーツトレイ

こんばんは。


ちょっとネタで作ってみました。


販売は未定です。


TSR ステンレスパーツトレイ




ガレージでのメンテナンス時のネジ入れに。


作業時ソケットレンチの工具置き場に。


ネジにオイルを塗布受けに。


肉や魚を手早く冷解凍したい時に。


デスク廻りでペンとか消しゴム、文具入れにしてもおしゃれかもしれませんね。




サイズは小さいですが、使いだすとかな~り重宝するええ塩梅のサイズです。


そうめっちゃ使えるんです・・・


本当、私的に欲しかったので作ってみました。


販売は・・・未定ですよ。


皆さんいかがですか?



ではまた~
シェア

投稿日時: 2015/09/04 22:06:20 投稿者:【 TSR8耐blog 2 】
カテゴリ: 徒然なるままに。  

アタリ

上司に奢ってもらったコーラがアタリでご機嫌ですよっと。





さて・・・



先日の続きでVFR800Xのお話。


作業を行う前に跨ってみたり、各部見てみたり、押したりしてみる。





面白いなと思ったがVFR800Fと一緒で、シート高がアジャストできる所でしょうか。


ローポジションにすると、標準位の私で足がしっかりと付く印象でした。



本題に移りまして。


まずはリヤフェンダーから。


サスペンションのストローク数値を算出し、全屈時のクッション長を想定した足立サスを製作。


クリアランスもバッチり。


に関してはVFR800Xにも問題なく装着可能でした。




続いてスリップオンなのですが・・・




少し変更箇所が有ります。


変更作業がでてきましたので、販売までもう暫くお待ち下さいね~。


ではまた。
シェア

投稿日時: 2015/08/28 14:08:37 投稿者:【 TSR8耐blog 2 】
カテゴリ: 徒然なるままに。  

VFR800X 取付け確認中


VFR800X 入庫しましたよっと。




 
純正部品もほぼVFR800Fと一緒なのですが、


エキパイのセンタースタンドストッパーの位置、リヤサスの品番など微妙に違うんです。






VFR800Fのスリップオン、リヤフェンダー装着出来るか確認していきます。


少々お待ち下さい。

 ではまた~
シェア

投稿日時: 2015/08/27 19:50:22 投稿者:【 TSR8耐blog 2 】
カテゴリ: 徒然なるままに。  

待ちに待った、8耐の夏

ホンダ様本田技研工業株式会社さんのサイトに8耐ダイジェストが掲載されていましたよ。

製作ありがとうございます。

皆さん良ければ見てみて下さいね~。 
シェア

投稿日時: 2015/08/06 22:34:20 投稿者:【 TSR8耐blog 2 】
カテゴリ: 徒然なるままに。  

TSR本革がま口財布

ちょっとしたきっかけで、本革がま口財布を作ってみました。





ジュースの小銭入れに丁度良いサイズ。




中も仕切り無しのシンプルタイプ。


販売価格、販売予定時期は現在未定ですが、


仕事中テストも兼ねて使ってみましょうかね~。



ではまた~

シェア

投稿日時: 2015/07/11 10:00:53 投稿者:【 TSR8耐blog 2 】
カテゴリ: 徒然なるままに。  

14- VFR800F スリップオンマフラー販売開始

2014 VFR800F スリップオンマフラー完成。
 

近日販売開始です。



VFR800F スリップオンマフラー チタンソリッドボディ

¥65,000 (税抜)



値段を抑えたスタンダ―ドタイプ と。



VFR800F スリップオンマフラー チタンファイヤーポリッシュ

¥72,000 (税抜)





こちらは、サイレンサーエンドと、サイレンサーボディに焼色を施し虹色にグラデーションしたものです。

V4ならではのサウンドを奏でつつ、ツーリング等でも疲れない音量、音質としました。



またどちらの商品にも、同梱部品にサイレンサーステーを同梱しています。


併用して頂くことでサイレンサーの角度がダウンし・・・



純正オプションのサイドパニアケースにも対応しています。




※併用時は積載した荷物でパニアケースがしなる事も御座います。サイレンサーとのクリアランスに注意し装着して下さいね~。



これからのツーリングの季節に一本いかがでしょうか? 


よしなに~。
シェア

投稿日時: 2015/05/12 13:51:18 投稿者:【 TSR8耐blog 2 】
カテゴリ: 徒然なるままに。  

耐久シーズンに

ようやく半袖で過ごせるようになってきましたね。


TSR製品部 耐久関連のパーツのオーダーも入りドタバタしております。


耐久用ロック機構付給油口


これを製作~組み立てが始まると、8耐の季節の到来と言いますか・・・始まったなぁ~と感じますね。




誰か街乗りにつける猛者はいないでしょうか?(笑)


1SET 約50万。


装着するにはアルミタンク、給油口を装着するプレートを溶接加工する必要があります。


あとはチャージャー(通称ロケット)も必要。




APEに付けよかな・・・。


ではまた~。
シェア

投稿日時: 2015/05/09 20:23:35 投稿者:【 TSR8耐blog 2 】
カテゴリ: 徒然なるままに。  

TSRレーシングエアゲージ 完成!

あかりをつけましょ ぼんぼりに。お花をあげましょ 桃の花。



全日本も2戦が終わり、ジョシュも一度帰国。



連戦だった4月も終わろうとしています。



私も久々に街乗りCBR1000RRを動かしたら、



ハンドル切れ角が多すぎて、「ぬォっ!」っとちょっぴりビクドキしちゃいましたよ。





さて


TSRレーシングエアゲージ 完成ッ!

売価 ¥16,000(税抜)

50 set生産、シリアルナンバー入り。




近日販売開始です。




運搬に便利な、専用プロテクトケース付き。


ケースはO-リングパッキンが着いている防滴タイプとし、気密性を上げています。


精密機器ともいえるゲージを移動中の衝撃や粉塵、水滴等から守ります。



タイヤの空気圧管理は、レースでは必須条件。


街乗りでも簡単に出来る一番大事なセッティング方法、メンテナンス要件とも言えます。




エアゲージボディは、ストリート、レース界からも信頼のおける、


”アサヒ産業”様と”ブリヂストン”様と協力。精度の高い物を採用しています。


そこに、TSRのレーススタッフや街乗りの意見も取り入れたホワイトバックパネルのメーター盤としました。


サーキット走行でも特に重要な、冷感エア圧&温感エア圧を管理する範囲(100kPa~250kPa)は細かい5kPa単位としています。





また通称、「サ○”エさんガード」を装備し、持ちやすさと対衝撃性を上げています。


今回、オートポリスの全日本でも使用しましたが、かなり見やすく使い勝手は良かったですね。



※画像は試作品なので微妙に違います。


よしなに~。
シェア

投稿日時: 2015/04/30 21:04:16 投稿者:【 TSR8耐blog 2 】
カテゴリ: 徒然なるままに。