TOTAL: 312件 [ 1/32 ]
<< 前へ 12345678910 次へ >>

ル・マン24時間耐久ロードレース 予選7番手スタート、決勝は5位でフィニッシュ! 世界ランキングも4位に浮上。



第40回を数える2016−2017EWC世界耐久選手権シリーズ第2戦ル・マン24時間耐久ロードレースの決勝レースは、定刻通り、4月15日(土)15時(現地時間)に始まった。F.C.C. TSR Hondaのスタートライダーはグレッグ・ブラックが務め、好スタートからレース序盤は5位〜6位付近でレースを進める。

しかし、ティゾンに交代するピット作業でブレーキにトラブルが発生し、1分17秒もの時間を費やしてしまう。さらに1台にかわされたものの、ペースを取り戻したティゾンは、6位でダミアンにバトンタッチ。5位に順位くを上げると、再びグレッグもプッシュして4位に浮上、トップ3台を追いかける。

次のピット作業で再び手間取り、1分33秒もの時間を使ってしまう。作業を終えてコースに7位で戻ったティゾンは、その後のダミアン、グレッグとルーティン周回をこなして、ピット作業も50秒前後でこなしながら、5〜7番手をキープして戦いを続ける。ボーナスポイントの対象となる8時間経過時点では5位となる。その間もピット内ではトラブルについての対応を検討ていたが、4位に浮上していた400周目頃のピットワークでは、ブレーキキャリパーを交換するなど、2分以上ロスしてしまった。

その後のピットワークも連続してタイムを費やしてしまい、順位は5位だがトップ差が広がってしまった。しかし、ライダーたちの走りで挽回を見せ、520周にはついに3位まで順位を上げることに成功したのだ。前後には強力な年間参戦チームに挟まれる順位で走行を続けるが、周回も600周を数える終盤戦、再びブレーキキャリパーを交換した後は、トラブルも収まったが、前車とはラップされる5番手のポジションとなった。

後続は周回も離れていることもあり、その後は前車を追走するが、結果的には5位のポジションでチェッカーを受けることができた。また、12時間以上24時間までの耐久レースでは、8時間毎にボーナスポイントが与えられるが、今回は8時間で5位(6pt)、16時間経過時点で3位(8pt)の選手権ボーナスポイントを獲得。5位の正式ポイント21と合わせ、総計67ポイントと世界ランキングも4位へと浮上した。

今回は、メカニカルなトラブルによるピット作業の大きなタイムロスをライダーたちの懸命な走りで挽回し、さらにチーム一眼となってできる限りそれに応える、というチームワークの結果であると確信している。次回EWC第3戦オッシャースレーベン(ドイツ)8時間耐久レースは、5月20日(土)14時スタート22時ゴール(現地時間)の予定で行われる。

◎写真・最新情報はTSR公式ウェブサイト・Facebookをご覧ください。
 https://www.fb.com/TSRTechnical-Sports-Racing-252349038160428/
投稿日時: 2017/04/17 01:57:39 投稿者:【 TSR 】
カテゴリ:  

第40回ル・マン24モト、最終予選でグリッドは7番手!



2日目は最終予選が行われた。昨日ティゾンだけが1分37秒台に入れたことで、セッティングを替えて臨んだグレッグとダミアン。グレッグは1分37秒860までタイムアップした。ダミアンは38秒06、ティゾンも37秒代に入れたものの、両者とも初日のタイムを上回ることはできず、最終的にはグレッグは1分37秒860、ダミアンが38秒054、ティゾンが37秒427というタイムで、7番手で最終予選セッションを終了した。リザーブのジョシュはリアサスなどの最終確認をするなど20分のセッションを37秒822というタイムで終えた。

公式リザルト(FIMEC公式ウエブサイト)
https://www.fimewc.com/event/24-heures-motos-2017/#accordion1
投稿日時: 2017/04/14 23:02:29 投稿者:【 TSR 】
カテゴリ:  

第40回ル・マン24モト、公式予選初日は暫定6番手



公式予選1回目。F.C.C. TSR Hondaはブルーのグレッグ、イエローのダミアン、レッドのティゾン、リザーブでグリーンのジョシュの順で公式予選に臨んだ。フリー走行と同様に赤旗中断が多く、集中力が乱される中で、さらに長くはないコースに60台がひしめき合う状態でなかなかクリアラップの取りづらい状況におけるアタックとなった。結果的にはベストタイムは3番目に走ったティゾンが1分37秒427、3人のアベレージタイムは1分37秒829となり、初日終了暫定6番手で走行を終えた。
初日は20時30分から22時までの長いナイトセッションも行われている。



ライブタイミング
https://www.fimewc.com/live-timing/

公式リザルト
https://www.fimewc.com/event/24-heures-motos-2017/#accordion1
…今回のリザルトはFIMEC公式ウエブサイトに掲載されています。

タイムスケジュール(PDF)
https://www.fimewc.com/wp-content/uploads/2017/03/24HMotos17_ScheduleV1.pdf
投稿日時: 2017/04/14 04:08:28 投稿者:【 TSR 】
カテゴリ:  

ル・マンのリザーブライダーにはジョシュ・フックを起用、アランは無事に手術を終えフランスに帰国して治療に専念



2016-2017EWC第2戦ル・マン24時間耐久のレースウィークを翌週に控え、F.C.C. TSR Hondaはダミアン・カドリン、グレッグ・ブラック、アルトゥロ・ティゾンの3ライダーに加え、リザーブライダーとしてジョシュ・フックを起用することを決定しました。ご存知の通り、ジョシュはアジアロードレース選手権などを戦い、2014年にはF.C.C. TSR Hondaから全日本デビュー、2015年は鈴鹿8耐で2位表彰台を獲得する活躍を見せたライダーです。

ジョシュ・フックのコメント
「再びTSRに加わり、EWCでレースが出来ることはとても光栄です。ボクはチームを信頼しているし、このチャンスをとても大切に思っています。今回はリザーブライダーなので自分の役割をしっかりと見極めながら、以前鈴鹿8耐(2015年2位表彰台)や全日本JSB(2015年最高位4位)で結果を残したように、TSRの一員としてしっかりと結果を残したいと考えています」



また、3月19日の鈴鹿サーキットのプライベートテストで激しく転倒したアラン・テシェは、先日手術を行い無事終了。手術後の痛みは残るものの、その他はすっかり回復し、ベッドの上で元気な姿を見せました。今後はフランスに帰国して治療に専念します。レースへの復帰は5月20日の2016-2017EWC第3戦ドイツ・オッシャースレーベン8時間耐久レースになる見込みです。

なお、アランが出場を予定していた、4月23日(日)開催の全日本ロードレース選手権第2戦鈴鹿2&4レースJSB1000クラスへの参戦は欠場することになりましたので、お知らせします。

今後とも引き続き、F.C.C. TSR Hondaのレース活動へのご理解、ご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。
投稿日時: 2017/04/03 17:39:36 投稿者:【 TSR 】
カテゴリ:  

いよいよブリヂストンが今季からEWCに本格参入!



3月24日(金)から3日間の日程で開催されている第44回東京モーターサイクルショーにおいて、2017年鈴鹿8耐の記者発表の他、ブリヂストンブースでは、F.C.C. TSR Honda総監督・藤井正和とボルドール24時間では共に戦ったライダー伊藤真一、ブリヂストンの山田宏さん、そして進行が宮城光さんという豪華メンバーで、今季からEWCに本格参入するブリヂストンタイヤを中心としたトークライブを行いました。



その模様が、FacebookとYouTubeチャンネルでご覧いただけます。
全部で20分以上ありますが、楽しく聞いていただけると思いますので、ダイジェスト、フルバージョンを前編・後編に分けてお届けします。お時間のある時にどうぞ。

TSR公式Facebook
https://www.fb.com/252349038160428/videos/1378673748861279/

フルバージョン(前編)
https://youtu.be/mQRpEEZkpms

フルバージョン(後編)
https://youtu.be/3lorjM76i5o
投稿日時: 2017/03/25 18:44:46 投稿者:【 TSR 】
カテゴリ:  

アランが鈴鹿テストで転倒し右手前腕を骨折、ル・マンに向けてはダミアン、グレッグ、ティゾンで臨む



2月初旬からマシン開発を兼ね、鈴鹿サーキットで精力的にプライベートテストを走り込んできたアラン・テシェ。感謝デー明けのテストでは自己ベストを更新する2分9秒4をマークするなど、テストは順調に進められていました。

3月19日(日)も東コースで午前・午後各30分間・5セッションのテストの予定でしたが、最初のセッションでコースイン後、S字コーナーの入口でハイサイド転倒、ヘルメットが破裂するほどの衝撃があったため医務室からそのままドクターヘリで三重大学に移動し精密検査を受けることになりました。

その結果、右手、尺骨、橈骨骨幹部骨折と診断されましたが、幸いにも怪我はこれだけでした。EWCシリーズ第2戦ル・マン24時間レースのウィークまで残り20日間余りとなった現在、F.C.C. TSR Hondaは予定通り、ダミアン、グレッグそしてアルトゥロ・ティゾンというメンバーで臨むことを決定しました。アランについては回復の具合を見ながら無理をせずに決めていきます。全日本ロードレース選手権第2戦鈴鹿2&4レースJSB1000についても同様に、参戦へ向けての準備は進めていきます。
投稿日時: 2017/03/20 18:54:15 投稿者:【 TSR 】
カテゴリ:  

F.C.C. TSR Honda 2017チームプレゼンテーション



3月4日(土)は早朝、椿大神社にライダーたちと勝利を祈念して参拝、夕方からはTSR鈴鹿カフェスペースにおいて、F.C.C. TSR Honda 2017チームプレゼンテーションを行いました。記者発表という形ではなく、チーム=F.C.C. TSR Hondaから伝えたいことをしっかり伝える、そのような意図のため、チームプレゼンテーションという形にしました。



この日は、鈴鹿サーキットでファン感謝デーが行われており、様々なイベントでお忙しいレース関係者の皆様をはじめ、メディア取材の皆様、そして私たちの思いを伝えたい皆様、最終的には7〜80名ほどの方々にお集まりいただきました。



F.C.C. TSR Honda総監督藤井、アラン・テシェ、ダミアン・カドリン,グレッグ・ブラックの3ライダーも登場し、フォトセッション終了後はアフタヌーンティ、最後は全員で記念撮影して会はお開きとなりました。

動画等はTSR公式Facebookでご覧いただけます。
 https://www.fb.com/TSRTechnical-Sports-Racing-252349038160428/
投稿日時: 2017/03/05 10:07:17 投稿者:【 TSR 】
カテゴリ:  

2017年 Honda 国内モータースポーツ活動計画発表会にアランが参加



2月13日(月)、2017年 Honda 国内モータースポーツ活動計画発表会がHondaの本社(東京・青山)で開催され、アランが全日本ロードレース選手権第2戦鈴鹿2&4(JSB1000クラス)への参戦ライダーとして出席しました。他のHonda全日本有力ライダーたちと並んで紹介を受け、フォトセッションでは写真に収まっていました。

会場には待望の2017HondaCBR1000RR-SP2も展示され、早速アランが試乗していました。
動画やその他の画像は公式Facebookで。

https://www.fb.com/TSRTechnical-Sports-Racing-252349038160428/
投稿日時: 2017/02/13 19:43:16 投稿者:【 TSR 】
カテゴリ:  

アラン鈴鹿に挑む!



 2月11日(土)、アランが初めて鈴鹿でテストを行いました。朝から快晴ながら、1本目の走行は路面凍結のため中止、昼12時からの2本目はドライコンディション。とはいえ、気温は約5度、路面温度も14度と冷たい中でのテストでした。





ムービークリップはFacebookでどうぞ。
https://www.fb.com/TSRTechnical-Sports-Racing-252349038160428/
投稿日時: 2017/02/12 10:48:55 投稿者:【 TSR 】
カテゴリ:  

2016 / 2017 FIM EWC参戦体制のお知らせ



********************************************************************************************
F.C.C. TSR Honda
2016/2017EWCシリーズタイトル獲得に向けて邁進中!
4〜6月のヨーロッパ戦で着実に戦える体制が整い、
鈴鹿8耐ではマシン・ライダーも一新!
********************************************************************************************
このあと4月のル・マン24時間、5月オッシャースレーベン8時間、そして6月のスロバキアリング8時間とヨーロッパでの3戦連続耐久をしっかり走れる体制が整いました。

ライダーは「ダミアン・カドリン」、「アラン・テシェ」、「グレッグ・ブラック」が新しく加入。この3人のライダーで4〜6月のヨーロッパ戦3レースを戦います。

マシンは2016年に引き続きHondaCBR1000RR(TSR-EWC耐久仕様)を使用し、SHOWA製サスペンションを前後ともバージョンアップ、サポート体制も充実するブリヂストンタイヤは16.5インチと17インチを併用、さらに熟成を重ねて戦闘力を強化します。また、アランが先行して2月初旬から鈴鹿入りし、テスト走行に臨みます。3月にはダミアンとグレッグも来鈴、鈴鹿サーキットでのモータースポーツファン感謝デー(3月4日・5日)にはチームとライダー3人が揃ってイベント・チームプレゼンテーション等にも参加する予定をしています。

2016/2017FIM世界耐久選手権シリーズ(EWC)の最終戦にして40回記念大会となる鈴鹿8時間耐久ロードレース。鈴鹿8時間においては、マシンは2017モデルのHonda CBR1000RRWに一新、チームのライダー構成もまったく“ゼロ”から組み直すことを考えています。

《ライダーのコメント》



●Damian Cudlin ダミアン カドリン
『2017年はグレッグが入って、素晴らしいライダーが揃ったからとてもワクワクしている。
グレッグの昨年のパフォーマンスは特筆すべきものだし、もちろん自分自身も含めて多くの人々の注目を集めたね。だから、F.C.C. TSR Hondaで一緒に戦えることはとても嬉しいことだよ。
そして、アラン、ブリヂストンタイヤそしてHondaの新しいCBR。これだけ揃えば、最強の新しいF.C.C. TSR Hondaになるよ。
今季のチャレンジをとても楽しみにしているんだ。ベストを尽くすよ。チアーズ!』



●Alan Techer アラン テシェ
『F.C.C. TSR Hondaで再び走れることは、ボクたちにとって非常に重要な一歩です。
2017年に向ってチームの一員となり、EWCチャンピオンという大きな目標の達成に貢献できることを誇りに思います。今はとてもワクワクしています。
グレッグも素晴らしいライダーだし、ダミアンもタフなライダーだから、ボクもしっかり頑張って結果を残せるように全力を尽くします』



●Gregg Black グレッグ ブラック
『F.C.C. TSR Hondaで走ることになって、とても嬉しいし興奮している。EWCはもう何年も参加して表彰台にも上っているし、2016年のランキングは2位だった。その他のストッククラスのレースでも表彰台にも上ったけど、ボクにとって今季はタイトルを狙える大きなチャンスだと考えている。
F.C.C. TSR Hondaは、2016年に初めてEWCにフル参戦してきたけど、すでにそのポテンシャルを発揮して実力を証明している。だから、今はバイクに乗りたくてウズウズしているよ。トレーニングも重ねて、準備はOKだよ。
チームはプロフェッショナルだし、ブルーノパフォーマンスのスタッフも素晴らしい、ダミアンとアランも良いチームメイトだね。とにかく、常にベストを尽くして良い結果を残し、目標通りEWCタイトルを獲得したいね』

リリース全文はPDFでご覧いただけます。
http://www.tsrjp.com/web/pdf/20170123FCCTSR_ReleaseJPN.pdf
投稿日時: 2017/01/25 12:26:59 投稿者:【 TSR 】
カテゴリ: