いよいよ公式日程初日開催!公式予選1回目は暫定5番手



********************************************************************************************
 オッシャースレーベン8時間耐久ロードレース
********************************************************************************************

5月18日(木)から公式日程が始まったオッシャースレーベン8時間耐久ロードレース。午前中は2時間のフリー走行で、時間をしっかり使って3人が2台のマシンを乗り換えながら周回を重ね、終盤にジョシュが1周約3.6kmのコースを攻略し、1分二7秒993と27秒台に入れる走りを見せた。セッションの順位は7番手ながら、ダミアン、グレッグも28秒半ばで周回しており、1回目の公式予選に向けて順調な滑り出しを見せた。

迎えた公式予選では、ブルーのグレッグが最初にコースインするが、4周目に1分28秒111と27秒台目前にしてピットに戻ってきた。この時点での順位は8番手。フロントサスのスプリングを交換するという慌ただしい作業を済ませて、残り時間が僅かとなったコースに出て行くが、結局はタイムはそのままでポジションを一つ落として9番手でセッションを終えた。



グレッグとクルーは待機するダミアンとも意見をかわし、今度はダミアンが予選に挑む。しかし、およそ10分が経過する4周目に28秒347の今回のベストタイムをマークした後、ピットに戻ってきた。やはりフロントの様子についてメカ、タイヤ担当らと激論をかわしている。そのままセッションは終了し、順位は8番手。



そして最後のジョシュは、早い段階からタイムを上げ、一時は28秒725で2番手に躍り出た。その後6周を終えてピットイン。タイムは28秒657に更新しているものの、ポジションは4番手となっていた。コースに復帰後は、少なくなった残り時間でアタックし、チェッカーの周回となる10周目に28秒181まで上げるものの、順位は変わらずに走行は終了した。



結局、新たな課題が発生する中、それでも各ライダーはベスト、あるいはそれに近いタイムをマークしており、3人のアベレージタイムは1分28秒213、公式予選初日の暫定順位は5番手となった。トップからY-Y-B-Sと続き、全エントリー中4台いるHondaの、と言うより、しかいないHondaの最上位である。

この後、20:00〜21:30のスケジュールでナイトセッション、夜間走行が行われる。この長めのセッションは、金曜日の最終予選に向けての重要な時間となる。

ライブタイミング
https://www.fimewc.com/live-timing/

公式リザルト・タイムスケジュール等
https://www.fimewc.com/event/8-hours-of-oschersleben-2017/#accordion1
…今回のリザルト等はFIMEC公式ウエブサイト /EVENTS/8 Hours of Oschersleben に掲載されています。
投稿日時: 2017/05/19 06:07:00 投稿者:【 TSR 】
カテゴリ: