こちらのブログを使っている他の人は大丈夫なのかな?

 予選17位

決勝9位

正直言って舐めていた面がありました。
ライダーのレベルも高く、ポッと行っただけでは、初参戦でなかなか表彰台は難しく思いました。
我々もそれなりに準備をしていったのですが、現地でしか調達できない物が
厄介でした。
例えばガソリン給油用ホースは現地の人に用意をしてもらったのですが、
これが思ったよりも細く、これで給油時間が通常の1.5倍掛かってしまったり、
日本ではOKのはずの窒素ボンベが、ル・マンのレギュレーションでは禁止されており、圧縮空気を使用しなければならなかったのです。
しかもこちらも用意してもらった物が容量が足らず、出力が安定せず苦労しました。
いずれにしろ、これらの物がレースウイークにならないと手に入らないという状況も海外レースの難しいところでした。

他にもトラブルもありました。
今回のレースで2回スローパンクチャーをお越し、寺本選手は危うく250km超えの1コーナーでフロントを滑らせて転びそうになり、ペースを落とさざるを得なかったのです。新品のホイールなのに・・・
しかも余分なピットインも行いタイヤ交換を行わなければならない状況も生じました。
また序盤には、耐久レースという事でオイルを多めに入れていた為にマフラーから吹く白煙をオフィシャルが見て、マシンの異常と勘違いしてしまいオレンジボール旗を振られてしまい、それを見たライダーは直ぐにピットインしてきてしまいした。
チェックしたところエンジンは全く問題なく再びピットアウトした時には1周ロスが生じていました。

スズカではガソリンが減ってきた時でも生じなかったガス欠症状が早めに出てしまい、スティント後半ではペースが上げれなかった。
多分コースレイアウトがストップ&ゴーに近い為、ガソリンが行かなかった為だと思われる。

終盤では残り2時間を切ったところで、シートを止めているステーが割れてしまい緊急ピットインしなければならなかったのです。
せっかく8番手争いまで手が届いていたところでしたがまたロスが生じました。

これらのトラブルやピットワークのシステムがせめて日本で使用していいるレベルなら計算上5位以内には着けれたと思います。

初めて挑むレースでライダーもどんなペースで走ればいいのか皆目見当がつかない中、序盤はペースをしっかり守り、中盤以降の夜が明けてからはそれぞれのライダーがプッシュしていきました。
これで24時間走りきってペースが掴めたと思うので次回からはトップグループに混ざれると思います。

終わってみればライダーも転倒がなく、エンジントラブルもなく走りきれた事はチームにとって大きな財産になったと思います。
この結果が必ず次回に生きてくることでしょう。

今回私は24時間一睡もせず、集中を切らすことなく戦い切れました。
レース展開はずっと追い上げるレースだったので気が抜けず、むしろ24時間ずつと楽しんでいたようにさえ思います。

今回のレースでは9位という満足できる結果ではありませんが、次回に向けて「やれる!」という自信は持てました。

チームの皆で作り上げる耐久レースは最高に面白いです。

さらにチャレンジしていきます。


 

 いよいよル・マン24Hが来週に迫りましたが、改めてリリースを配信します。

  

Synergy Force TRICK★ STAR RACING
ル・マン24 時間耐久レース(ル・マン24H)
に挑戦します。

TRICK ★ STAR RACING は鶴田竜二監督率いる日本の有数のプライベートチームです。日
本の最大のバイクイベントである鈴鹿8 時間耐久(鈴鹿8 耐)で中心にレース活動をし
ながらレースの魅力、バイクの世界の素晴らしさを多くのファンと共有して来ました。
2009 年には2 位に食い込む活躍を示し、鈴鹿8 耐での素晴らしいバトルはもちろんです
が、スタンドを埋める『千人作戦α』 で1000 人のTRICK ★ STAR RACING の応援団がス
ティックライトを振り、タオルを回すパフォーマンスも有名です。
TRICK ★ STAR RACING がル・マン24H に挑戦を決意したのはYAMAHA FRANCE
GMT94 MICHELIN YAMALUBE の存在でした。2012 年鈴鹿8 耐、ラスト30 分を切っ
た暗闇の中でYAMAHA FRANCE GMT94 MICHELIN YAMALUBE のD・チェカ選手
とTRICK ★ STAR RACING の出口修による3 位争いが繰り広げられました。スプリ
ントレースのようなバトルは観客を大いに沸かせ、トップ争い以上の注目を集めた
のです。出口のマシンはトラブルを抱えていましたが、鶴田監督は「GO」の指示を
出し、最後の最後までチェカ選手との戦いを続行する決断をしました。ですが、残
り5 分足らずでマシンがストップしてしまい、そこで戦いは終わりました。3 位と
なったのはYAMAHA FRANCE GMT94 MICHELIN YAMALUBE。負けてはしまいまし
たが、TRICK ★ STAR RACING には最後まで諦めずに戦った清々しい思いが残りまし
た。心からYAMAHA FRANCE GMT94 MICHELIN YAMALUBE の健闘を称えました。こ
のレースはTRICK ★ STAR RACING にとって、忘れられないレースとなったのです。
その後YAMAHA FRANCE GMT94 MICHELIN YAMALUBE のクリストフ・グイヨ(Christophe
Guyot)監督さんから手紙が鶴田の元に届きます。「君たちがいたから、僕たちは最後
まで集中力を切らさずに戦い、難しい鈴鹿8 耐の表彰台に登れた」と…。鶴田の胸は
感動でいっぱいになりました。そして、尊敬するYAMAHA FRANCE GMT94 MICHELIN
YAMALUBE の強さは世界耐久の厳しい戦いにあると鶴田は考えました。その強さを学び
たいという思いが大きくなり「世界的に有名なル・マン24H に挑もう」と決意したのです。
プライベートチームの世界への挑戦は、多くの困難が伴います。マシンの準備、資
金、信頼できるスタッフを集めること、言葉の壁など、その様々な問題をクリアし
SynergyForce の支援を受けTRICK ★ STAR RACING は海を越えます。日本のプライベー
ターチームがル・マン24H を戦うことは初めての試みとなります。
ル・マンでは世界耐久を戦う強豪チームの胸をかりて精一杯の戦いを挑みます。この挑
戦をどうか見守り、支えて頂けますよう、よろしくお願い致します。
:
:

SYNERGY FORCE TRICK★ STAR RACING
24h Le Mans Moto 2013

参戦マシン:Kawasaki 13ZX-10R 『Synergy Force TRICK STAR』
鶴田竜二監督
(日本のカワサキワークスライダーとして活躍、最高峰GP500 のライダーまで上り詰め
た名ライダー。現在は名監督として手腕を発揮しています)
生年月日:1966 年3 月25 日
1984 年ロードレースデビュー。
1985 年鈴鹿4 時間耐久2 位。
1989 年カワサキのオーディション合格。
1990 年全日本TTF-3 チャンピオン。
1991 年パシフィック選手権ランキング2 位。鈴鹿8 時間耐久4 位。
1992 年全日本GP 500参戦。鈴鹿8 時間耐久4 位。
(ペアライダー、フレディ―・スペンサー)
2000 年全日本S-NK チャンピオン。
2001 年TRICK ★ STAR RACING 結成。

芹沢太麻樹
(カワサキワークスライダーとして活躍、MotoGP マシンの開発ライダーとしての経験
も豊富。鋭いコーナーリングのスピードを持ちながらも安定した走りが出来る信頼でき
る人気ライダーです)
生年月日:1972 年9 月28 日 身長:170cm 体重:68㎏ 血液型0
2000 年全日本スーパーバイクランキング6 位。鈴鹿8 時間耐久3 位。
2001 年全日本スーパーバイクランキング(TI 優勝)6 位。
世界スーパーバイク選手権SUGO3 位。
2003 年モリワキMotoGP 開発ライダー
2008 年カワサキMotoGP 開発ライダー
2010 年TRICK ★ STAR RACING。鈴鹿8 時間耐久15 位.
2011 年TRICK ★ STAR RACING。鈴鹿8 時間耐久5 位。
2012 年TRICK ★ STAR RACING。鈴鹿8 時間耐久リタイヤ。
2013 年TRICK ★ STAR RACING。鈴鹿8 時間耐久12 位。

出口修
(全日本のトッププライベーターとして活躍するライダー、謙虚で優しい性格と攻撃的
な走りのギャップが魅力で、高い人気を誇ります)
生年月日:1973 年11 月5 日
身長:183cm 体重:72㎏ 血液型A
1997 年ロードレースデビュー。
1990 年鈴鹿SP4 時間耐久優勝
2002 年全日本S-NK クラスランキング2 位。
2009 年全日本ST600 ランキング8 位。JSB1000 ランキング15 位。鈴鹿8 時間耐久5 位
2010 年全日本JSB1000 ランキング7 位。鈴鹿8 時間耐久4 位
2011 年TRICK ★ STAR RACING。鈴鹿8 時間耐久5 位
2012 年TRICK ★ STAR RACING。鈴鹿8 時間耐久リタイヤ
2013 年TRICK ★ STAR RACING。鈴鹿8 時間耐久12 位。

井筒仁康
(カワサキやホンダのワークスライダーとして活躍、2 度の全日本最高峰チャンピオンと
8 耐優勝の経験を持つトップライダー。甘いマスクと理論にもとづく攻撃的な走りが魅
力の人気ライダーです)
生年月日:1971 年3 月20 日 身長:175cm 体重:66㎏ 血液型A 型。
1990 年ロードレースデビュー。
1998 年全日本スーパーバイクランキング8位。鈴鹿8 時間耐久7 位。
1999 年全日本スーパーバイクランキング11 位。鈴鹿8 時間耐久3 位。
2000 年全日本スーパーバイクチャンピオン。スーパーバイク世界選手権SUGO ダブルウィン。
2004 年全日本JSB1000 チャンピオン。鈴鹿8 時間耐久優勝。
2009 年TRICK ★ STAR RACING。鈴鹿8 時間耐久2 位。
2012 年TRICK ★ STAR RACING。鈴鹿8 時間耐久優勝リタイヤ。
2013 年TRICK ★ STAR RACING。鈴鹿8 時間耐久12 位。

寺本幸司
(大阪出身のライダー、全日本ST600 クラスを中心に参戦しながら鈴鹿8耐では、速さ
としぶとさを発揮する。2009 年では出口 修選手とペアを組み終盤まで2 位争いを繰
り広げた実力派ライダーです)
生年月日:1971 年9 月28 日 身長182cm 体重:68kg 血液型A 型
1990 年全日本ロードレースデビュー
2003 年全日本ロードレースST600 クラス 12 位鈴鹿8 耐 13 位
2005 年全日本ロードレースST600 クラス 5 位
2006 年全日本ロードレースST600 クラス 5 位
2008 年全日本ロードレースST600 クラス 11 位鈴鹿8 耐 7 位
2009 年鈴鹿8 耐 5 位

 明日、と言うかあと数時間後、インドネシアで行われるIRS第4戦に向かいます!

いつも惜しいところで勝てないでいますので今回は、決めたいと思います。

そして、いよいよ来週はル・マン24Hに挑む為、フランスへ向かいます。

8耐後も、チームは、ほぼ休む間もなく準備に明け暮れましたが、

とうとう我々の実力が試される時です。

ワクワクします。

思う存分戦って来ます!

ユーストリーム「ryujitsuruta」で検索して下さい。チームのピットの状況をLIVE配信したいと思います。

そしてル・マン24Hの模様は24h-moto.comで無料LIVE配信される模様です。

応援よろしくお願い致します。

 

 

2013年鈴鹿8時間耐久ロードレースの決勝が昨日行われました。

まず、はじめに今回のレースにご協賛ならびに、ご協力頂きましたスポンサー様、

そして応援頂きましたファンの皆様、ありがとうございました。

 

決勝レースは、残念ながら表彰台とはかけ離れた結果になってしまいました。

本当に不甲斐ない結果ですみませんでした。

また昨年に続き、募集させて頂きました応援席にお集まり頂いた方々にも本当に申し訳なく思います。

 

レースでは充分ではありませんが、スタッフの頑張りで今までにない良い準備を進めてきたつもりでいました。しかし、ウイークに入りトラブルが出てしまい毎晩遅くまでの作業が続きました。

転倒や、エンジンの破損、決勝までに「不」と言う膿を出し切ったつもりで臨んだのですが・・・

 

決勝スタート後、2時間過ぎにエンジンが吹け上がらないと言うトラブルが出てしまい、それを解消するのに手間取りました、その間約4分が費やされました。

一時は23番手まで順位を落としましたが、5時間目までに選手の力走もあり10番手争いまで追い上げました。

そのまま更に上位を目指し、チームは一丸となり取り組んでいましたが、再びエンジンが吹け上がらないと言う同じトラブルが出てしまいライダーが緊急ピットインしてきました。

なんとか2分後にコースに復帰させたのですが、12位以上挽回する事が出来ませんでした。

そのトラブルは何だったのか今調査中です。

 

ライダーはトップグループと遜色無いペースで走り切ってくれましたし、メカニックも昨年までのピットワークより速く作業をこなしてくれました。

チームとして確実に成長している実感は持てているのですが、レースは結果を出さなければなりません。

今回の結果が現時点での我々の実力という事を真摯に受け入れ、反省を踏まえて次に活かして行きたいと思います。

 

今回は沢山の方達に応援を頂いていたのにも関わらずこんな結果になってしまい、本当に申し訳なく思います。

次のレースでは今回の教訓を活かし、更なる高みを目指して挑戦してまいりたいと思います。

 

 

 

 

 

 私の今年のテーマは「つなぐ想い」です。

 

 

 

 

 

3つのつなぐ想いがあります。

・昨年の8耐の結果を今年につなげる想い

・日本の8耐からフランス「ル・マン24時間」につなげる想い

・後世につなげる想い

大きく3つの想いがあるのですが、「つなげる」こと「つたえる」こと

凄く大切なことですね。

我々から後輩につなげるとうい事だけではなく、我々も先輩から「受け継ぐ」、「教えてもらう」という事も大切なこと。

それも受身では駄目だと思うのです。

むしろこちらから「尋ねる」、「聞き出す」、「問いかける」という事が大事なことではないでしょうか

せっかくの経験やノウハウを、みすみす見逃す手はないと思うのです。

先輩が今まで行なってきたことを私が受け継ぎ、それをどう後輩に伝えていくか考える、そして取り組む。

でも本当に伝えると言うことは難しいですよね。

そんなを考えながら取り組む事もきっと自分を成長させてもらえることだと思うのです。

日本のモータースポーツが発展していけるようにつなげて行きます。

 

つなぐ思い心重ねて

 

 

  

今年もTRICKSTARから鈴鹿8時間耐久ロードレース

「エヴァRT初号機シナジーフォースTRICKSTAR」応援席

の募集を開始しております。
昨年に引き続き千人作戦も継続させて頂きます。
昨年は、目標であった千人にあと一歩届かなかったのですが、

今年は千人を超えるために「千人作戦α」として、再度チャレンジしたいと思っております。
そしてあと一歩届かなかった表彰台を目指します。

   

昨年は本当に悔しいレースでした。

まさかラスト3分前にエンジンストップというようなあんな形で

レースを終えてしまうとは思ってもみなかったです。

今まであの悔しさを一度も忘れたことなどありません。

あれから今日まで全ては8耐の為に費やして来たといっても過言ではありません。

しかし悔しさだけではありません、反面で素晴らしい経験にもなりました。

それは耐久レギュラーチームであるGMT♯94とのバトルや、私が企画した千人作戦で本当に多くの方達と一緒にレースを戦えた事です。

この経験が私をはじめチームを更に大きくしてくれると確信しております。

 

こうしてまた今年も同じライダーと、体制でレースにチャレンジできる事をとても嬉しく思います。

 

今年こそは悔いの残らないように勝利に向けて準備を急ピッチで進めております。

 

準備を進める上でもう一つ欠かせないのが応援席です。

 

どれだけ多くの方と一緒に心を重ねてレースに取り組めるか、これも我々のテーマです。

私は「業界の発展なくして我々の成功はない」と思って日々活動させてもらっております。

より多くの方が、8耐を通じモータースポーツの素晴らしさを感じ、豊かに暮らせるよう

微力ながらこの企画に取り組みました。

昨年は皆さんのご協力で各メーカーの応援席と肩を並べるところまで集まりましたが、まだ超える事はできなませんでした。

ひとつのチームがそこまでやれば充分だと思う方もいますが、何としてもやり遂げたいのです!

今年は皆さんの力を借りて必ず超えて達成したいと願っております。

現段階ではまだ足りておりませんので引き続きご協力お願い致します。

 

応援席ご購入はこちらから↓↓↓↓↓

 

http://www.trueblue.co.jp/shopping/?mca=9&sk=&skf=&pid=1336563801-438630

 

2013年我々の挑戦を応援して下さい!心重ねて一緒に戦って下さい!

 

 

チーム代表 鶴田竜二 

 

 

  

昨日鈴鹿8耐公開テストが行われました。

 

ライダー 芹沢選手、出口選手、井筒選手3人揃ってテストが行えたおかげで車体、エンジン、タイヤなど様々な課題が浮き彫りに出来、決勝に向けて非常に良いテストが出来たと思います。

次回のテストに向け、どれだけの良い準備が出来るかが鍵となりまので、急ピッチで進めたいと思います。

 

オートポリスからそのまま鈴鹿入りした出口選手、井筒選手も疲れていたにも関わらず、3日間みっちり走ってくれました。

芹沢選手は今年の3月のテストで負傷した肩関節脱臼という怪我がまだ癒えない状態で痛みをこらえての走行でした。

彼曰く「完全に8耐久までに痛みが完全に取れることないでしょうから、その痛みになれて克服できるように今回取り組みます」と戦う闘志は流石です。タイムも他の2人に遜色ないところで走ってくれました。

昨年あれだけ良い走りをしてくれて、尚もひたむきに取り組んでいる彼らライダーと一緒にレースができることを誇りに思います。

今年は彼らに少しでも良いマシン、良い体制で臨めるよう私も頑張ります。

 

 

  

前回の鈴鹿2&4レースでノーポイントとなってしまい、我々の予定していた最終戦のMFJGPにこのままでは出場が出来なくなってしまう為、今回のオートポリス戦に急遽スケジュールを組み直し参戦する事にしました。

今回は絶対にポイントを獲得しなければならず、転倒しないレースをするようにと私から出口選手にリクエストをした為、彼にはかなりプレッシャーとストレスがあったでしょう

しかしその中でしっかり集中て、いい走りをしてくれました。

 

予選8位

決勝5位

 

彼の走りを支えてくれた大きな要因はダンロップタイヤさんの存在なくしては語れない

えましよう。

しかし、けして順調なレースウイークではなく、初日に転倒を起こしてしまい、嫌な空気が漂ったのも事実です。最後まで諦めずにチームが一丸となって、取り組んだ結果が今回の様

結果を導けたのだと思います。

このレースをきっかけに、良い形で鈴鹿8時間耐久レースに繋げていきたいと思います。

 

最後に我々をいつも支えてくれるスポンサー様はじめファンの皆さんに感謝しております

 

鶴田竜二


  

  

 私たちにとって今年初の日本のレースとなりました。
今シーズンは全日本選手権シリーズの参戦を取りやめ世界耐久選手権へ参戦する活動を進めております。
世界耐久シリーズでもある鈴鹿8時間耐久レースに向け、データを取る意味でも鈴鹿2&4レースに参戦しました。
そんな我々のチャレンジに今年からダンロップタイヤさんから絶大なご協力をして頂けることになりました。
レースの結果は出口選手が必死に頑張ってくれましたが、転倒し残念な結果となってしまいました。しかし内容的にはチームにとって良いデータが取れたと思います。
その中でも大きかったのが、やはりタイヤのパフォーマンスです。
タイム的にも既に昨年と変わらないタイムで走れる事が出来、ライフ的にも充分持ちこたえる事がわかりました。その上なんと言ってもダンロップさんの対応が有難く、我々の望むリクエストに充分応えて頂き、その結果チーム全体のモチベーションも更に高くなっております。
また2013年のチャレンジに向け、ご支援を頂いているスポンサー様にも本当に感謝しております。
そしていつも暖かく応援を頂いているファンの皆様ありがとうございます。
皆様のご期待に応えれるよう頑張って参りますので引き続き応援よろしくお願い致します。

 

 

参戦報告書

http://www.trickstar-racing.com/images/20130414suzuka1.pdf

TOTAL: 701件 [ 1/71 ]
<< 前へ 12345678910 次へ >>

<<  2016年9月  >>




123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

TRICK STAR