昨日、ドゥカティ ディーラー コンベンションに参加して来ました。

初参加でしたが、ドゥカティジャパンの加藤社長をはじめスタッフの皆さんがドゥカティを情熱を持って販売して行こうという姿勢がひしひしと伝わってきました。

また、今回の目玉!新型スーパーバイク1199の御披露目もあり、会場は大いに盛り上がりました。

とにかくスタイルがカッコイイ!
また最新のテクノロジーもふんだんに盛り込まれていて見ていてワクワクしました。

特に電子制御のサスペンションはどんな乗り味なのか興味津々です。

モノコックフレームになった影響で前モデルより10キロも軽量が可能になったらしい。

早く乗りたいな〜(*^^*)

 本日インドネシア選手権の予選を観戦してきました。

日本にないカテゴリーが沢山あり、参加者は非常に楽しそうでした。

特に日本でも最近はアジア選手権併催でお馴染みになってきたアンダーボーンクラスは、毎回激戦でみていて迫力の走りをしてます。

日本でも絶対ここのクラスを取り入れるべきだと思う。

日本でGP3を推進するのもいいが、いきなりじゃハードルが高すぎて参加者が参加したくても簡単にはできないですからね。

このクラスは人気が高く年間1000万円以上稼ぐライダーも存在しているくらい、アジアでは盛り上がってます。

明日の決勝が楽しみです。

あとサーキットで困るのがトイレです。

綺麗でないのはもちろん、大きい方をするのに対してまず紙が置いてない代わりに、水の入った大きなバケツが置いてあり、そのなかにヒシャクが浸かっていて、そのバケツの水を汲んで左手でお尻を洗い流すらしいのです。

幸いにも私はサーキットでしなかったので大丈夫でしたが、おまけに水が流ない日もあるのでそんな日はさらに大変です。

やはり日本クォリティーの高さは色んなところで感じ取れますね。

あとトイレ専属の管理人がいて、チップを払うのが普通みたいでした。

この国はいたるところに、ビジネスチャンスがあり、車が信号待ちなど渋滞や停滞していとこに車まで近づいてきて、ギターを引きながら歌を歌って見せておチップを要求してきたり、混雑している交差点で勝手に交通整理をして、チップを要求する人も見かけました。

 

何と言うバイタリティーか

 

明日も頑張ります。

 

 

 

 本日は2日目、無事にインドネシア探訪も無事終了しました!

とにかくバイクが多いです。

というかバイクと生活が密着している感じで、この業界に生きる私としては何だかワクワクの連続でした。

ジュニアモータースポーツというカワサキバイク正規販売店にお邪魔して色々みさせて頂きました。

こちらは敷地も広大で、スタッフも20人位いる感じで物凄く賑わっていました。
次から次へとお客が絶えなくて本日だけでも沢山バイクが売れていたらしいです。

あとマフラー工場をはじめカスタムパーツの製造も自社で製造していて、私からみても理想的な事業展開がなされている感じでした。

夕方にはこの時期恒例のスコールがあり大慌てでした。

でも3時間位したらすっかり上がりまた蒸し暑さが戻ってきました。

夕ご飯は昨日行ったモールで違う日本料理屋で無難にカツカレー丼と餃子をビールを飲みながら頂きました。


明日は本日行けなかったサーキットに行ってきます。楽しみ楽しみ(#^.^#)

 

 無事にインドネシアに着きました!
着いてまず感じたこと「暑い〜っ」 気温30度湿度もかなり高く日本とは全然違う(;゚Д゚)!
風邪気味だった私はコート着てインナーも着込んでいったもんだから、飛行機からおりたら別世界です。

そして車が多い!大渋滞しまくりです。

そしてそしてバイクが多い!これはいいね!!!


という訳で成田から約7時間50分フライトの後、

本日はジャカルタからセントゥールサーキットに程近い街「ボゴール」に移動してホテルにチェックインしました。

ホテルに隣接しているモールで日本食の「滝川」ってところで鍋焼きうどん、チキンお好み焼き、チキンかつカレー、親子丼、を一緒に行った「佐藤シュウ選手」とシェアしました。なかなか美味しかったです。

食事を済ませた後、買い物をしてきました。

買ったものはビール、つまみ、カップ麺、ミネラルウォーターなどでした。
しかし物価が安い!スーパーでフルフェイスヘルメット2000円で売ってました。

明日からいよいよ本格的に探索します!

 

 明日、っていうかもう今日か、、、

インドネシアに、レース観戦と今後のビジネスの為に視察に行ってまいります!

低迷している国内のロードレースの打開策があるとすれば今後はアジアがひとつの突破口になるのかもと勝手に期待してます。

ただ期待するだけでは無責任だと思い、直接見てくることを決めました。

今後の私の人生にとっても良い刺激になればいいなと思います。

また報告します。

行ってきま〜す!






本日は「鶴田竜二ライディングスクール」無事に終わりました。
ご参加されました皆さん、インストラクターを務めて頂いた芹沢選手お疲れ様でした!そしてありがとうございました!

今日も本当に良い天気の中、気持ち良いコンディションでスクールが行えたことを嬉しく思います。

参加されました皆さんにおかれましてはトラブルなく、充実した顔つきで取り組んで居られたのが印象的でした。

また次回も行いますので、よろしくお願い致します。

先週行われましたネオスタンダードのレースの模様を私目線ですが、面白く録れていたのでアップします。

 

まずはチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://youtu.be/cpWV7BkMLtY

 

 

*ネタバレ

スタートグリッドは私2番手から、ポールが安田選手、4番手から出口選手でしたが、レース人生最悪のスタートでした(汗)

なんとギヤミスをしてしまいました。今回は逆チェンジのハズが前回までの癖でカキ上げてしまい、すぐリカバリーしましたが1コーナーに入る前に何台抜かれたことか(泣)

でも自分で言うのも何なんですが、そこからの追い上げが素晴らしい(笑)

私はトータル12周走ってピットインしたのですが、ピットイン前の周回がレコードタイム(あとで安田選手に100分の4秒抜かれましたが)でした!しかも最終コーナーで1台絡んでしまいましたから、あれがなければ・・・

でも終始3台でバトルを繰り広げることが出来、本当に楽しかったです。

この情報を聞きつけ他の有名選手も来年は是非参加したいと言ってきましたよ!(笑)

ますますこのクラスは盛り上がっていくでしょうね

 




昨日、鈴鹿サーキットにて「プロショップkiyo &モトハウスグループ合同走行会」が行われました。
澄渡る青空の下、絶好のコンディションでした。
今回も沢山の方がご参加くださり満員御礼でした。
お忙しい中、本当にありがとうございました。

当日は豪華ゲストも参加いただきました!水谷勝さん、梁 明さん、芹沢太麻樹さん、出口修さん、そしてご存知ミスターカワサキのこと清原明彦代表といった顔ぶれで、参加者の皆さんと一緒に楽しんで頂きました!

また、次回もどんどん色んなイベントを行って参りますのでよろしくお願い致します。

無事に名古屋に到着しました!

いや~程よい疲れが襲って来てちょっと眠いです。


本日は、鈴鹿FUN&RUNレースネオスタンダードクラスに参戦しましたが、応援に駆けつけて頂いた方々ありがとうございました!



今回のレースは、あくまでもTRICK STARのクラブチームの活動であります。出場したマシンは当社から販売しているエヴァンゲリオンRT初号機Ninja250Rを使用しただけであり、エヴァンゲリオンレーシングの公式なレースではありませんのでお間違いなく。


レースの方は予想通り序盤から出口選手、安田選手、と私の3台の熾烈なレース展開でした。



ややスタートで出遅れてしまい、トップを走っていた安田選手追いつくのに手間取りましたが、追いついてからは素晴らしい接近戦?意地の張り合い?をしていました(^_^.) 大人気ないという身内からの声もありましたが、どうせ我々国際ライダーは2分のハンデがあるので勝ち目はないので、レースのリザルトはさて置きどうやって盛り上げるかが我々の使命だと思って取り組んでおります。


同じバイクで「ここまで出来る!」という、ある意味目標になればいいのかなって思っております。


レースは12周目に私が1分1秒299のレコードタイムを出してトップに立った上で、ピットインし相棒の選手に交代しました。


コースレコードに気を良くしているのも束の間、その2周後に安田選手が1分1秒245というタイムを叩き出し予選と同様にレコードは持っていかれました(^_^.)


・・・でも私がコース上にいる時は、私が最速だったことは間違いありません(負け惜しみ)


まあでも勝負はさて置きこのクラス(Ninja250R)は本当に面白いです!
手軽に参加できて安全性も高く、その上、ビギナーはもちろん上級者までしっかり楽しめます。
今回トレーニングも全然していない私でもそんなに疲労しないのでライダーの負担も少なくて助かります。


今後益々盛り上がってきてほしいですね、特に若い人たちにも楽しさを知ってもらいどんどん参加してもらいたいです。


鈴鹿4耐もこのクラスに変更すべきだと個人的には思いますね。


ああ楽しかった♪

 11月12日に、昨年から参戦しているレース「ネオスタンダード」に参戦いたします。

素人相手にやりすぎじゃないの?と言われそうですがハンデがありとても勝ち目はないのですが、このクラスを盛り上げることを目的に参戦しております。

でも、国内の選手でも最近は速い人が増えてきており、なかなかガチでも勝つのは至難です。

このクラス250ccの4stでほぼノーマルに近いからマシンの差が少なくライダーの腕がモノを言うクラスなのです。

今回、私の仲間も参戦することになり、かなりテンション上がっております。

その名も今年「エヴァRT初号機TRICK STAR」から参戦してくれた。出口 修選手、

そしてもう一人鈴鹿レーシングで8耐に参戦していた安田 毅史(やすだ たかし)選手も出場します。

あとライディングスポーツ編集長「青木 淳」さんも参戦していただけます。

皆マジで勝負しますのでお時間許す方は是非鈴鹿サーキットまで観に来てください!(笑)

楽しみ楽しみ(^^)

 

 

TOTAL: 701件 [ 6/71 ]
<< 前へ 12345678910 次へ >>

<<  2017年8月  >>


12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

TRICK STAR